水のトラブルに多い原因

水のトラブルは、どの家庭でも起こる可能性があるトラブルです。これまで一度も水のトラブルの被害がなかったという方も、朝使用する時にいきなりトラブルが発生する可能性もあります。そういったトラブルを回避するためには、どのようなことが原因で水のトラブルが起きてしまっているのかを事前に確認しておくことが重要になります。事前にトラブルの原因がわかっていれば、いざトラブルが起きてしまった時でも冷静に判断することができるからです。こちらでは、水のトラブル対策として知っておくべきトラブルの原因についての情報をご紹介します。

■パーツの破損

水のトラブルを起こしてしまう原因の中でも、特に多いのがパーツの破損です。私達が何気なく使っている水ですが、排水管から蛇口まで水を出すためには色々な所を通ってきています。水が正常に蛇口から出るように複数のパーツを組み合わせて作られているのですが、そのパーツに不具合があると水漏れなどのトラブルが起きてしまいます。水漏れが起きてしまう原因として多いのが、ゴム製のパーツの経年劣化です。金属と金属の隙間をふさいでいるゴムパッキンなどは、金属よりも劣化しやすいので、どうしても縮んでしまったり切れてしまったりします。金属同士の隙間を埋めているゴムが切れてしまうと、ゴムが切れた隙間から水が溢れ出てしまいます。噴水のように勢いよく水が溢れるという事はありませんが、ポタポタと水漏れが起きてしまいます。数時間もすれば周辺が水浸しになってしまうこともありますので注意が必要です。特に10年を超えたパーツは、経年劣化が進んでいる可能性がありますので要注意です。

■パーツ同士のゆるみ

金属製のパーツは、ネジやナットで締め付けられることによって密着し、水が漏れるのを防いでいます。普段でしたら金属製のパーツが緩むことはないのですが、地震であったり、長く使用していることによって気付かないうちに徐々に緩んでしまっているような場合には、少しずつ水漏れをしてしまっています。目につきやすい所であったり、手の届く所でしたら気付きやすいのですが、キッチンのシンクの下のような直接に視界に入らないような場所の場合には、発見が遅れてしまう可能性がありますので時々チェックする必要があります。



■まとめ
水回りのトラブルが起きる原因は他にもたくさんありますが、室内における水回りのトラブルに関しては、内部パーツの破損とナットやネジのゆるみなどが原因のケースが多くなっております。もしトラブルが起きてしまったら、最初にこれらをチェックするのがおすすめです。ポタポタとした軽い漏れであっても、段々ひどくなっていくことも考えられますので、早めに修理業者に依頼するほうがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ